FC2ブログ

【夜行】大山号(日ノ丸自動車/鳥取→福岡天神)

2019年01月11日 23:02

さて、2018年乗車分、最後の乗車記となります。
人生としては2回目、年越しを夜行バスの中で過ごしました。

今回乗車したのは、福岡と鳥取を結ぶ夜行バス”大山号”。
1991年に開業した夜行高速バスで、日本交通と日ノ丸自動車が共同運行しています。
運行開始当初は西鉄も運行していましたが、現在は運行支援に回っています。

以前から名前に惹かれていて乗りたかった路線の一つでした(^-^;
なかなか乗る機会を作れなかったのですが、今回ようやっと乗ることができました。

◇大山号◇ 日ノ丸自動車 鳥取200か・639
DSC_0341u.jpg
DSC_0397_201901112207028b4.jpg
今回はまだ夜行バスで乗車したことのない、日ノ丸自動車便をチョイス。
車両はセレガハイデッカー、ナンバーが鳥取のご当地柄に変わってます。
一昔前まではセレガR-GDも入っていた路線ですが、現在はこの639号車が固定となっています。

始発は鳥取駅前にあるバスセンター。
DSC_0333u.jpg
出発10分前、バスが1番乗り場に入線してきました。

DSC_0322_2019011122070340f.jpg
1番乗り場は大阪線を含む高速バス専用の乗り場となっています。
時間までは待合室が開いていますので、椅子に座ってゆったり待つことができました。

DSC_0326_20190111220704297.jpg
車内はこのような最後部4列の独立3列シートとなっています。
通路カーテン類は用意されておりません。

DSC_0331u.jpg
レッグレスト・フットレストに加え、席の頭にかぶさったタイプの枕が装備されています。
(このタイプは初めてみました!)
コンセントも備えていますので、スマートフォン類の充電も可能です。

DSC_0328.jpg
車両中央部にはトイレが備えられているほか、
トイレに向かう階段部にはサービスコーナーが設置されています。
コーヒーやお茶のパックもありました(^^ゞ

20:30、定刻になってバスは出発。
ここから先、鳥取県内を横断する形で乗車扱いがあります。
大晦日発は思ったより乗客も少なく、最後の米子出発時点で10名ほどでした。

米子出発後に車内の詳しい案内が行われます。
自動放送はなく、乗務員による肉声での案内でした。
気づくとバスは高速道路へ。福岡への長い道のりが始まります。

DSC_0356u.jpg
◆休憩◆ 宍道湖サービスエリア 23:20~23:40
消灯前の休憩は島根県、宍道湖で行われました。この時間、もうSA内は真っ暗。
写真は撮っていませんがちょうど”出雲ドリーム博多号”が玉造バス停にとまっていました。

DSC_0350_20190111224149ac7.jpg
近くには後ろからついてきたと思われる2号車の姿が。
行先表示はでていましたが、回送だったようです。2号車が4列シートなのも見慣れましたね。

DSC_0369_201901112241522ed.jpg
日ノ丸のこの独特な表示。分かりやすいのは間違え無し?(^-^;

DSC_0378u.jpg
...トイレに行ったあとは撮影に没頭していました。時間も近くなったので車内へと戻ります。

宍道湖の休憩終了後、車内は完全消灯。年越しは島根県内となりました(^^ゞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌朝、点灯で目を覚ますとバスは休憩地へ到着しようとしていたところでした。
DSC_0426u.jpg
◆休憩◆ 壇ノ浦パーキングエリア 4:40~5:05
年明けの朝、壇ノ浦にて休憩となりました。
近くにはオリオンバスの大阪線やペガサス号の姿。朝の夜行到着ラッシュですね。

DSC_0399u.jpg
鳥取砂丘をイメージしたカラーリング。
今では日ノ丸自動車の高速標準塗装ですが、元々は”キャメル号”向けに用意された塗装でした。
個人的にはかなり好きな塗装の一つです(^^ゞ

DSC_0392u.jpg
目の前にそびえる関門橋、あと少しで九州と実感する瞬間。

壇ノ浦を出発後、車内は再び消灯となりまだ暗い北九州市内へと突入していきます。
小倉駅で半数が下車し、砂津と引野口は通過。うたた寝していたら福岡都市高速に入っていました。
この時間になると外もやや薄暗く、コーヒーを飲みながら到着を待ちます。

DSC_0431u.jpg
博多バスターミナルを経由し、終点天神高速バスターミナルには15分早着となりました。
乗務員の方々、夜行運行お疲れさまでした。

初めて乗った”大山号”。大晦日のためか乗客は少なめでしたが、
繁忙期になると必ず貸切車の続行が出るほどには需要があるようです。
少々お値段が高めに感じるところがありますが、
それでも鉄道価格よりは安く、朝早くに各地に着ける点は夜行バスの強みを発揮しているのかも。

DSC_0366u.jpg
縮小の進む福岡発着夜行。その中で、唯一旧態に近い形を残す”大山号”。
この先も山陰と九州を結ぶ架け橋として、残っていってほしい路線です。

乗車回:2018年24回目 運行:日ノ丸自動車 ☆初乗車
乗車区間:鳥取駅前(20:30発)→西鉄天神高速バスターミナル(7:10着)※定刻時
※乗車時点のデータであり、ダイヤが変更となる場合があります。

これにて、”大山号”の日ノ丸自動車担当便乗車記を終わります。ご閲覧ありがとうございました。

(2019/01/17 一部修正:×宍道バス停⇒○玉造バス停)
スポンサーサイト


コメント

  1. あげ周防 | URL | OW4ATh36

    Re: タイトルなし

    > 名無し特急様

    コメントありがとうございます。
    ご指摘ありがとうございます。本日、記事の方を修正しております。

  2. 名無し特急 | URL | xYl2iXZk

    宍道バス停ではなく玉造バス停ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/871-b230f85d
この記事へのトラックバック