【夜行】道後エクスプレスふくおか号(瀬戸内運輸/松山→北九州)

2018年06月05日 23:53

夜行バス6連泊、最後の6泊目。
この会社が参入した時から「乗りたい!」と思っていました、
“道後エクスプレスふくおか号”の瀬戸内運輸担当便に乗車しました。

“道後エクスプレスふくおか号”は2008年6月から運行を開始した夜行路線で、
松山と福岡を結ぶ初の夜行バスとなりました。
当初は西鉄高速バスと伊予鉄道の共同運行でしたが、
2010年4月に西鉄高速バスが撤退し、代わりに伊予鉄南予が参入する形に。
そして本年2018年3月からは瀬戸内運輸が運行に加わり、
路線も今治経由になり、道後温泉を経由しなくなるなど大きく変化が起きました。

私は1回西鉄高速バス便は乗ったことがあるのですが、
愛媛側の会社の運行では乗ったことがありませんでした。
「久しぶりに乗ってみたいな~」と最近思ってまして、
それなら参入したせとうちバス便でしょうということで(^^ゞ

◇道後エクスプレスふくおか号◇ 瀬戸内運輸/愛媛200か56-12
DSC_1035j.jpg
DSC_1027_2018060523160155f.jpg
せとうちバス便は参入後しばらくの間、三菱ふそうの車両で運行していましたが、
福岡線専属として日野のセレガを導入!同社としては初のセレガ夜行車となります。

さて、始発となるのは伊予鉄の松山室町営業所。
こちらにはパーク&ライド駐車場がある他、待合室も整備されていますので、
到着まで快適に待つことができます。

DSC_0997_20180605231441911.jpg 
バスは出発10分前頃に待合室前に頭から突っ込みます。荷物を預けていざ乗車!

さて、車内はこのようになっています。
DSC_1000.jpg 
最後部が4列の独立3列シートとなっており、車両中央床下にトイレを設置しています。
窓際のA・C列席にはプライベートカーテンも設置されています。

DSC_1005.jpg 
各座席にはレッグレスト・フットレストを装備しています。
また、USBタイプの充電ポートが用意されております。コンセントではないのでご注意を。

DSC_1003.jpg 
トイレに続く階段部にはサービスコーナーが設置されており、
お水・お湯・珈琲・お茶を自由に飲むことができる他、おしぼりも用意されています。

写真はありませんが車両出入り口付近には冷蔵庫が設置されており、
冷えた飲み物を1人1本まで取ることができます。至れり尽くせり(^^ゞ

そんなかんなで、バスは定刻で室町営業所を出発。
まずは松山市内の各停留所を回っていきます。
参入時に新設された余戸南ICバス停、結構大街道からだと遠回りになりますね。

松山インター口出発時点で、車内は半分ほど埋まった感じでした。
DSC_1015j.jpg 
◆休憩◆ 桜三里パーキングエリア 22:07~22:17
バスは高速道路を走り今治へ向かいますが、
今治での乗車扱いの前に桜三里で休憩となります。
この日は雨も強く、撮影したらそそくさと車内へ戻りました...。

おそらくこの辺は共同運行の伊予鉄の休憩方式に合わせたと思われます。
...ですので、今治から乗車する場合は消灯前の休憩がありませんのでご注意を。

バスは今治市内へと入り、今治桟橋と今治駅前で乗車扱い。
これで車内はほぼ満席となりました。乗務員さんもここで交代となります。
車内の案内が行われたあと、暫くして完全消灯となります。
さすがに疲れが来まして、あっという間に夢の中へ...zzz

DSC_1028j.jpg 
◆休憩◆ 壇ノ浦パーキングエリア 5:25~5:40
翌朝、休憩地到着の放送で目が覚めました。朝の休憩は雨の壇ノ浦。
関門橋とせとうちバス、まさかこの景色が取れるなど以前は思いもしませんでした。

DSC_1038.jpg 
雨に濡れた前面表示。1号車表記がされています。
いつかは瀬戸内の2号車も見てみたいですね...。

DSC_1037.jpg 
休憩時間はあっという間に過ぎていきます。

壇ノ浦を出ると、前面カーテンは開けたままで九州へ突入していきます。
小倉駅では乗客の3分の1ほどが下車。砂津は下車なしで再び都市高速へ。

DSC_1047j.jpg 
都市高速を一旦おり、黒崎インター引野口にはほぼ定刻の到着となりました。
乗務員の方、ワンマン運行お疲れ様でした。

久しぶりの“道後エクスプレスふくおか号”の乗車となりましたが、
今治地区からの利用者が思った以上に多くてちょっと驚きました。
地元の路線バスのほとんどが宣伝の前掛けをしており、
PRが効いているのも大きいのかもしれません。

生まれ変わった“道後エクスプレスふくおか号”、7月に再びダイヤ改正が予定されており
砂津と引野口は停車しなくなるなど私的には悲しい面もありますが、
松山地区だけでなく東予方面への足としても今後活躍してほしい路線ですね。

DSC_1044j.jpg 
海賊船マーク、いつまでも福岡で見られることを願いつつ...。

乗車回:2018年14回目 運行:瀬戸内運輸 ☆初乗車
乗車区間:松山室町営業所(21:00発)→黒崎IC引野口(6:35着)※定刻時
※2018年7月1日改正より、砂津・黒崎IC引野口は停車しなくなります。

以上で“道後エクスプレスふくおか号”の乗車記を終わります。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

  1. あげ周防 | URL | OW4ATh36

    Re: タイトルなし

    >> 金山 様

    コメントありがとうございます。

    基本的に福岡線は現在セレガで回しているようです。
    セレガの運行前はMS9のエース、たまにクイーンもやってきていました。

    今後代走時にはふそうが来福する可能性もありえるかなと思われます(^^ゞ

  2. 金山 | URL | -

    こんばんはー瀬戸内海運輸がセレガ固定なのか気になりますねーパイレーツ専属
    MS9系クィーンやエースも居ますし
    恐らく8系クィーンも居るはずですし、その辺が楽しみです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/758-525c1ffd
この記事へのトラックバック