FC2ブログ

【夜行】アルカディア号:2号車(山交バス/大阪→山形)

2018年05月13日 19:01

GW夜行バス6連泊、2泊目の夜行バスの乗車記となります。
大阪から一気に東北方面へ向かうため、山形へ向かう“アルカディア”号に乗車しました。

“アルカディア”は近鉄バスと山交バスが共同運行する夜行高速バスであり、
大阪・京都と山形を約12時間で結んでいます。
今回はGW後半の連休前ということで増便が出ており、乗車したのはその2号車。

◇ 山交バス 76021 山形230あ76-21
DSC_0132j.jpg
DSC_0097_20180513180356cb9.jpg
近年まで“アルカディア”の本務車で活躍していた、
ガーラSHDが予想通り登板してくれました(^^ゞ

というわけでやってきたのは、なんばOCATのバスターミナル。
路線としてはUSJが始発になっておりますが、2号車はなんば始発となっています。
DSC_0076_2018051317591170a.jpg 
出発案内にはしっかりと2台運行の表記。
1・2号車とともに、10分ほど前に入線となりました。

DSC_0083j.jpg
1号車が少し前よりにとまり、その後ろに2号車が停車。
乗車券を見せてから荷物を預け、車内へと入ります。

車内はこのようになっています。
DSC_0122_2018051317591441d.jpg
車内は3列独立シートとなっており、車両中央部床下にトイレがあります。
プライベートカーテンはありません。

DSC_0126.jpg
各席にはレッグレスト・フットレストが装備されている他、腰当ても用意されています。
頭の部分は以前の近鉄でよく見られた折れるタイプとなっています。
コンセントといった類はありませんので、スマホの充電はできません。

DSC_0127.jpg
サービスコーナーは残っていましたが、残念ながら使用できませんでした。

なんばOCATを定刻で出発し、バスは1号車とともに大阪市内を進みます。

この時期“アルカディア”は渋滞影響を考慮して名神高速上のバス停は停車せず、
かつ2号車は大阪駅前の乗降がないため次の乗車地は京都駅となります。
そのため、大阪駅前で1号車が停車すると、こちらは待機することなく先行。
阪神高速・名神高速を経由し京都へ向かいます。

...とはいえ、1号車のペースに合わせてるようで京都手前で1号車に抜かされました(^_^;)

京都駅からの乗車で車内は満員、車内放送も行われバスはいよいよ山形へ。
国道1号線を通り、京都東インターから再び名神へ。

DSC_0092j.jpg 
◆休憩◆ 賤ヶ岳サービスエリア 23:05~23:15
京都からおよそ1時間半ちょっと、賤ヶ岳にて消灯前の休憩。
途中名神高速での混雑もあり、少々遅れているようです。

翌朝の休憩はないため、ここで飲み物を購入しておきました。

DSC_0087_201805131803542b8.jpg 
1号車はセレガHD、15002。
“アルカディア”のロゴが車体にあるなど、本務車らしい見立てになっています。

DSC_0098_20180513180357049.jpg 
山形まであと9時間―。まだまだ先は長いですね。
賤ヶ岳を出てバス車内は完全消灯。自分もあっという間に夢の中へ...。

翌朝...車内が点灯され、まもなく南陽市役所の案内が。10分ほど遅れているようです。
南陽市役所、高松葉山温泉でそれぞれ5人ほどは降りたでしょうか。

バスはそのままひたすら一般道を走り、山形市内へ。
DSC_0131j.jpg 
終点となる山形駅前には定刻よりも若干遅れての到着となりました。
乗務員の方々、長距離の夜行運行おつかれさまでした。

迎えが来ているお客さんも多く、
強く地元に根付いている路線なのだと感じるところがあった、今回の乗車でした。
今後も関西圏と山形を結ぶ夜行バスをして、永く続いて欲しいですね。

DSC_0099.jpg 
乗車回:2018年10回目 運行:山交バス ☆初乗車
乗車区間:近鉄なんば駅西口・OCAT(20:00発)→山形駅前(7:56着)※定刻時
※ダイヤ改正などにより変更となることもあります。

以上で“アルカディア”号の乗車記を終わります。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/743-3868771f
    この記事へのトラックバック