【夜行】ドリーム福井2号(福井→東京/京福バス)

2018年03月01日 23:56

ユタカライナーで大阪に移動後、しばし大阪で暇を潰してサンダーバードで福井へ。

本来は福井で京福バスを乗り回す予定だったのですが...、
当日は未曾有の大雪から一週間も経っていない頃。
まだその爪痕は残っており、京福の路線バス全線が運休となりました。

高速バスも運休状態が続いておりましたが、
この日の夜行便から運行再開とのことで、夕方に福井入りという形へ。

ヨーロッパ軒でソースカツ丼を食べ、今回乗りこんだのはドリーム福井号です。

◇ ドリーム福井2号・2号車 ◇ 京福バス 福井200か・662
DSC_0933m.jpg 

ドリーム福井号は東京と福井を結ぶ夜行バスで、
京福バス・福井鉄道・JRバス関東が共同で運行しています。
1日2往復運行されており、今回乗車したのは京福・福鉄が担当する2号です。
また、夜行とは別に昼特急が1往復運行されており昼間の東名路を楽しむことができます。

この日の1号車は福井鉄道、そして2号車は京福バス。
どちらに乗るか悩んだ結果、京福バスの2号車に乗車しました。

DSC_0931_20180301232634ad6.jpg 
1号車は上写真のセレガ(福井200か・878)が登板していました。

DSC_0928.jpg 
当日の福井駅乗り場は除雪が進んでおり、十分に乗車できる環境となっていました。


WEB乗車券を見せ車内へと入ります。

DSC_0943.jpg
車内は最後部のみ4列の、独立3列シートとなっています。
車両中央部床下にトイレがあり、窓際席には通路カーテンが用意されています。

 DSC_0944_20180301232708833.jpg
座席はレッグレスト・フットレストが装備されており、両端に出っ張りがあるタイプ。
十分に過ごせそうな環境となっています。

サービスコーナーについては廃止されております。
一方で、車両中央部には携帯を充電できるコンセントが4口ほど用意されていました。
(ただし充電する際の管理は気をつける必要があります。)

福井駅を出発したバスは福井県下の各インターのバス停で乗車扱いを行っていきます。
自分がみた感じ、福井北インターバス停のところが雪が一番残っており、
かなり慎重にバスを進めていました。

この日の2号車は窓際が埋まるほどの乗車率となりました。
案内放送では途中3箇所ほど乗務員交代を行うこと、
申請すれば外にでることも可能とのことで、珍しい形式となっています。

というわけで、最後の敦賀インターで乗車扱いが終了後完全消灯。
途中で起きれるかなぁ、と思っていましたが結局池尻大橋まで爆睡...(^^ゞ

DSC_0947m.jpg 
2号車はバスタ新宿によらないため、池尻大橋出発後はバスタ前を通過。
東京駅には約20分ほどの早着となりました。乗務員の方々、夜行運行お疲れ様でした。

DSC_0951.jpg 
バスは終点の新木場駅を目指していきました。

今回、初めて乗った京福バスの夜行便。終始快適に過ごすことができました(^^ゞ
これからも福井と東京を結ぶバスとして活躍していってほしいですね。

DSC_0941.jpg 
乗車回:2018年5回目 運行:京福バス
乗車区間:福井駅東口(21:50発)→東京駅日本橋口(6:00着)※定刻時

以上でドリーム福井2号の乗車記を終わります。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/720-73832dbc
    この記事へのトラックバック