【昼行】WILLER EXPRESS:B609(仙台→大崎 / WILLER EXPRESS 東北)

2017年01月19日 21:36

仙台までスイート号で行き、帰りの足として利用したのはWILLER EXPRESSでした。

...初めはJR東北とかJAMJAMに乗ろうかと考えていたのですが、
前々日の予約段階でとあるシートを見つけ、値段もそうでもなかったことから即決しました。

▽WILLER EXPRESS 東北 仙台200か・609
DSC_0062.jpg DSC_0058x.jpg
撮影地:佐野サービスエリア 撮影月:2017年1月

乗車したのはこちらのセレガ。偶然にも便名とナンバーが一致しました(^^ゞ
というわけで、WILLERの中では希少種な名称も特にない独立3列シート車に乗ってみました。

やってきたのは朝9時の仙台宮交バスセンター。
現在全てのWILLERが、この宮交バスセンター前40番乗り場から出発します。
DSC_0045x.jpg 
出発10分ほど前にバスは入線。名前を言い、車内へと入ります。


車内はこのような感じに。
DSC_0068x.jpg
ピンクを基調とした独立3列シートとなっており、
窓側だけでなく真ん中列にも通路との仕切りカーテンがついていました。

 DSC_0071x.jpg
全席レッグレスト・フットレスト・枕・コンセントを備え付けています。

なお、中央床下にはトイレがあったはずなのですが...
DSC_0070x.jpg 
現在は階段のところにチェーンがされており、扉も塞がれて使用できなくなっています。
そういえば確かに販売段階で「トイレ付き」の字はなかったですね...。

車内はほぼ満席となり、定刻で仙台駅西口40番を出発。
自動放送に加え、肉声による放送も行われます。
この日の乗務員さんは非常に丁寧に放送されていました。

仙台宮城インターから東北道へ入ったバスは、ひたすら南下して東京を目指します。

DSC_0048_20170119210819b5c.jpg 
休憩:安達太良サービスエリア / 10:49~11:15

1回目の休憩は福島県の安達太良サービスエリアで実施。

DSC_0065_2017011921081962b.jpg 
休憩:佐野サービスエリア / 13:15~13:40

2回目の休憩は、栃木県佐野サービスエリアにて。
朝は雨の降っていた仙台でしたが、佐野に着いた頃には青空が。

DSC_0066x.jpg 
安達太良ではあまり撮りませんでしたが、佐野では積極的に撮影。
この日は偶然か、非常に車両が綺麗でした。

佐野を出発後、バスは都内へ突入。
特に首都高でも激しい遅れには巻き込まれませんでしたが、どうやらやや遅れペース。

池袋サンシャインシティには7分ほど遅れて到着。ここで8割方のお客さんが下車。
その後大崎を目指しますが、池袋から首都高入口までの下道で絶賛渋滞...。
DSC_0073x.jpg 
終点大崎駅西口バスターミナルには、約25分ほどの遅れで到着となりました。
乗務員の方、運行お疲れ様でした。

現在は東北配属に落ち着いているこの車両。
ボーテやニュープレミアムの代走要員としてしばしば活躍しているようです。
とはいえ、トイレが使えなくなったりと少し持て余してる感は否めません。

“コモド”、“ラクシア”に続き、“リボーン”と新型シートが次々と登場するウィラー。
現行シートの置換えも続く中、この車両もいつまで走り続けるのでしょうかね。

以上、WILLEREXPRESSのB609便乗車記でした。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/615-d94939a8
    この記事へのトラックバック