--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【夜行】出雲ドリーム博多号(出雲市→博多/JR九州バス)

2017年01月02日 19:03

2016年の夜行バスの乗り納めとして、“出雲ドリーム博多号”に乗車してみました。

以前、夜行高速バス“出雲路号”の乗車記をご紹介したと思います。
その“出雲路号”が2015年9月30日に廃止となり、10月1日より代わりに運行を開始したのがこの“出雲ドリーム博多号”です。
当初は中国JRバスの単独運行でしたが、2016年3月にJR九州バスが参入し共同運行となりました。

共同運行後暫くは2+1の3列シート車を運用に入れていたJR九州バスですが、4月後半から新車のエアロクイーンを投入。
GWに撮影した時から、一度乗ってみたいなぁと考えていました。

▽JR九州バス 744-16556 / 福岡230あ46-56
DSC_0418x.jpg DSC_0412_20170102182248476.jpg
撮影地:壇ノ浦パーキングエリア 撮影月:2017年1月

大晦日発だと最安のA運賃で乗車できることから、年越し夜行バスを決意(笑)
人生初めての夜行バス道中での年越しとなりました。

始発の出雲市駅には出発1時間前には到着。出発10分ほど前にバスが入線してきました。
DSC_0366x.jpg 
今回はWILLERで予約したため、WEB乗車券を見せて車内へ。


DSC_0365x.jpg
車内は3列独立シートとなっており、車両中央床下にトイレが設置されています。
窓側にA・C列には通路を仕切るカーテンも設置されています。

 DSC_0419x.jpg
各席に可動枕・レッグレスト・フットレストが付いているほか、コンセントも装備しています。

今回はまさかの1B席が指定されたため、そちらに座ります(笑)
最前列席は全列に足置きが用意されており、1Bに至っては仕切り板もなく開放的。
ただ、網ポケットやドリンクホルダーにはそれなりに手を伸ばす必要がありますね(^_^;)

出雲市駅を出発し、斐川インターで乗車扱い後は山陰自動車道で一旦松江方面へ。
松江駅でも乗車がありましたが、このあとの玉造・宍道・木次高速では予約がないとのこと。
6割ほどの乗車率でバスは一路福岡を目指します。

案内放送では途中広島県久地PAで乗務員が交代する事も伝えられました。

木次高速を出て暫く走ったところ、雲南吉田ICを降りた場所にあるたたらば壱番地で休憩。
休憩箇所までは途中少し減灯した程度で、前方カーテンも開いていました。
DSC_0376x.jpg 
休憩:たたらば壱番地 休憩時間:23:58~0:15

日付が変わる前に到着し、こちらで消灯前の休憩となりました。
この写真を撮影中に無事年越しを迎えることとなりました(笑)
軽く撮影をし、トイレを済ませてから車内へ戻ります。

出発後、0時半頃に車内は完全消灯。リクライニングを倒し、眠りにつきます...。

2時半前?だったでしょうか、一度目を覚ましましたが、ちょうど久地PAだったようです。

次に目を覚ましたときは朝休憩前の車内放送が行われていました。
DSC_0410.jpg 
休憩:壇ノ浦パーキングエリア 休憩時間:5:06~5:20

壇ノ浦で朝の休憩となりました。
現在、橋側にある建物は改修のため入れませんので、その反対側にある方のトイレを利用する形となります。
近くには大阪からの天領バス(オリオンバス)のほか、さぬきエクスプレスも停車していました。

壇ノ浦を出発後、関門橋を渡って九州に突入。
門司インターから北九州都市高速に入り、富野ランプで降りて小倉駅へ。
小倉駅新幹線口には10分ほど早着。数名が降りていきました。

小倉出発後は足立ランプから再び都市高速へ。
うたた寝していたら気付けば福岡都市高速を呉服町ランプで下りている最中でした(^^;ゞ

バスは大博通りを走行し、終点の博多バスターミナルへ。
DSC_0421x.jpg 
数分ほど早い到着となりました。
乗務員の方々、夜行運行お疲れ様でした。

“出雲路号”の廃止もあり、運行形態変更後も果たして続くのか心配な面もありました。
今回、予約するにあたって年末年始の予約状況を垣間見ることができましたが、
最高値のF運賃ながら満席の便がおり、ひとまず繁忙期は問題がないように感じました。

これからも山陰と九州を結ぶ貴重な足として、走って行って欲しいなと思います(^^ゞ

以上、出雲ドリーム博多号の乗車記でした。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

  1. あげ周防 | URL | OW4ATh36

    Re: 夜行バス2017

    >> 福岡県在住:20代(男)さん

    コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
    バス停前のロビー、バス待ち用に夜行の時間帯まで開放されているようですね。

    私も駅前の温泉に行こうと思っていたのですが、大晦日は休業だったため断念しました...。

    西鉄絡みでは無くなったため小倉城口(南口)バス停が使えなくなったのでは...と個人的に考えています。
    もし新幹線口が使えなかったら、下手すると小倉南インター経由になってたのかもしれませんね。

  2. 福岡県在住:20代(男) | URL | -

    夜行バス2017

    あけましておめでとうございます。出雲ドリーム博多号、(中国JR担当便に)私も昨年乗車しました(出雲市>>博多)。3列シートでリラックスして乗車できました。また、バス停の前にホテルロビー(待合室代わりに利用可?)があったり、駅前に温泉やローソンなどもあり、とても便利だったことを覚えています。欲を言えば、格安の4列ゆったりシートなどをつけていただけると、(3列シートは値が張りやすいので)さらに安く乗れそうですが...。余談ですが、この「出雲ドリーム博多号」は珍しく、小倉駅は新幹線口(元ツアー組のバス停)に停車するんですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/609-091e7045
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。