--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【夜行】オリオンバス:260号車(博多→新宿/天領バス)

2015年06月23日 23:32

以前、まだOTBライナーのブランドで運行していた頃の東京~福岡線の乗車記を上げました。
その時は下り便でしたが、今回上り便の乗車記を上げておきたいと思います。
ブランド名はオリオンバスに変わりましたが、変わったのは車両のラッピングくらいです。

...と、今回乗車したのは普段使用されているエアロクイーンではありません。

▽天領バス 福岡200か2714
DSC_0650k_20150623221658e2a.jpg
DSC_0647_201506232216551ec.jpg
(2015/06 海老名サービスエリア)

今回自分が乗車したのは、天領バスの自社塗装であるセレガ・スーパーハイデッカーです。
車両は違っても運行の行程は変わりません。

普段は4列ゆったりシートで運行されていますが、車両の点検などで4列スタンダードシートで運行される時があります。
今回早割で6700円で購入しました。安かったということと、この車両に乗れると思ってしまって・・・(^_^;)

というわけで、やってきたのは博多駅筑紫口。
DSC_0598k.jpg
出発10分ほど前に入線。いざ、長い行程の始まりです。
荷物を預けて名前を言って座席確認。車内へと入ります。(写真は下車時撮影)

DSC_0655_20150623221008642.jpg
シートの柄はクイーンと変わりませんが、スタンダードですので縦は12列となってます(^_^;)
フットレストやレッグレストはありません。コンセントもないので、モバイルバッテリーがあったほうがいいかも?
ブランケットが一応用意されてますが、少し薄めです。

DSC_0651_20150623221005644.jpg
運転席側の前二列は仮眠席として使用されています。

DSC_0654.jpg
運行の行程表はこんな感じ。左下の「コーンタワー」は相変わらずなんですねw

18時30分、博多駅で6割くらいのお客さんを乗せて東京へ向けて出発となります。
博多駅東ランプから都市高速に入りますが、まさかの一般レーン。この先東京料金所まで一般レーンでした(^_^;)

ウトウトしているあいだにバスは小倉駅北ランプでおりて、小倉駅に到着。ここでも数名乗車。
小倉駅北から北九州都市高速に再び乗り、九州道・関門橋を経由して中国道へ突入していきます。

DSC_0604.jpg
新山口の手前、伊佐パーキングエリアにて最初の休憩が行われます。
20:36~20:50までの実施となりました。新山口到着への時間調整も兼ねている感じがします。
トイレ無しですから、ここでの休憩はある意味ありがたかったです・・・(笑)

バスは小郡インターから国道9号線を経由し、新山口駅に到着。ここで10人ほど乗り、車内はほぼ満席となりました。
新山口を出ると、国道2号線を経由し山口南インターから山陽道へ。山陽道へ入ったところで減灯となります。

DSC_0608.jpg
2回目の休憩は広島県の小谷サービスエリアとなります。(23:15~23:35)

小谷を出ると車内は完全消灯となります。
リクライニングも十分に倒れるわけではないので、寝るにはひと工夫いるかもしれません(^_^;)

DSC_0620k_2015062322165544b.jpg
3回目の休憩は兵庫県龍野西サービスエリアで行われました。(1:25~1:40)

4回目の休憩は順調に行けば滋賀県の土山サービスエリアで行われます。
当人は寝てましてまさかの起きれずじまいw 予定通りなら3:45~4:05くらいに行われます。

DSC_0637.jpg
5回目の休憩は静岡県掛川パーキングエリアでした。(6:00~6:15)
この時期だともう空も明るく、日も出てきますね。

DSC_0644.jpg
そして最後の休憩は神奈川県海老名サービスエリアです。
時間は8:00~8:20で行われました。流石にこの時間だと辺りに夜行バスはいません。

海老名を出ると、前方カーテンはオープンのままとなり車内も点灯したまま走っていきます。
途中用賀付近で渋滞には巻き込まれましたが、海老名から新宿はダイヤに余裕があるようで遅れてるという感はなし。

早着ペースできていたのもあり、最終的に40分早い9:20に新宿駅西口に到着となりました。
DSC_0656k_20150623221011eb5.jpg
福岡からの長距離運行、乗務員の方々お疲れ様でした。

15時間半(早着なので14時間50分)ほど4列スタンダードで乗るとやはりきついですねw
ただ天井が高い分、そこまで圧迫感も感じませんでした。
この点は先代はかた号のエアロキングのエコノミー席の方がきつかった感じがします。

ただ設備面ではやはり他社の方が圧倒的にいいですね(^_^;)
長時間の移動になりますので、せめてもコンセントあたりがあると現代人にはありがたいのかも...?
事前に枕やアイマスク、腰あてやモバイルバッテリーなど、色々と準備して乗るべきでしょうね。
(ちなみ4列ゆったりシートも設備は今回のとほとんど同じだったのでご注意ください。)

これで、オリオンバス260号車の乗車記を終わります。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/525-9b41d264
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。