【夜行】VIPライナー1便(なんば→王子:平成エンタープライズ)

2015年02月20日 02:10

先日の大阪からの帰り、初めてVIPライナーを使ってみました。

今回乗車したのは、VIPライナーの1便です。
車内が3列独立シートなのに加えて、縦9列仕様になっている便になります。
なんば・大阪・京都~秋葉原・東京・王子・志木で運行されています。

▽平成エンタープライズ 和泉200か14-05
DSC_0474k.jpg
(2015/02/18 王子駅南口)
車両は和泉ナンバーの新型のセレガが使われています。

やってきたのは大阪側始発となるなんばVIPラウンジ。
JRの駅からは離れていますが、御堂筋線や南海の駅からだと近い場所にあります。
DSC_0454.jpg
テナントビルの5階にあり、エレベーターでのぼってみると見つけました。
正直、わかりにくい場所にあるなぁ・・・という感想です(^_^;)

入るとスタッフの方にチェックインをするように伝えられました。
DSC_0458.jpg
名前か電話番号を機械に入力すると、このような乗車券が発行されます。

DSC_0455.jpg
DSC_0456.jpg
中はこんな感じになっています。あまり広いとは言えません。
バスに乗車する人は乗車前・下車後は無料で利用できますが、それ以外だと料金がかかります。
タダでドリンクが飲めたり、テレビを見たりと、バスを待つまで自由に時間を過ごせます。

集合時間は出発20分前で設定されていますが、待合室からバス停へは10分前からの案内でした。
スタッフの誘導でバス停まで移動し、そのままバスへと乗り込みます。
DSC_0459_2015022001020154f.jpg
車内はこのような3列独立シートになっており、縦は9列とゆったりめになっています。
通路にはプライベートカーテンがあり、窓カーテンも二重になっているのが特徴です。
C列(運転席側)には床下トイレ、そしてその前後2席はランクアップシートになっています。

DSC_0469.jpg
通常シートは低反発のダブルクッションエアリィソファを採用。
レッグレスト・フットレストを装備している他、コンセントも備え付けられています。
アメニティ扱いとしてブランケット・低反発ミニ枕、棚上に腰ピローが用意されていました。

DSC_0460_201502200102037c9.jpg
このような形のハンガーも用意されています。

DSC_0461.jpg
座席前のポケットにはVIPラウンジの案内や休憩地案内、ネコ社長の漫画も(^^ゞ

というわけで、なんばからの乗車が終わり、バスは少し遅れて出発します。
途中大阪と京都も経由し、車内はほぼ満席に。京都出発後車内放送が行われます。
VIPライナーといえば「一斉フルリクライニング」。初めて体験しましたw

京都を出てしばらくすると、1回目の休憩地である草津パーキングエリアに。
DSC_0468k.jpg
(2015/02/17 草津パーキングエリア)
こちらで22:53~23:10の休憩となりました。いつの間にやら雨が...。

DSC_0463_20150220015807ba1.jpg
休憩の際はこのようなものが渡され、休憩終了時の人数確認をカットしています。

休憩を終えると、バスは一路東京へ。
途中、浜松と海老名でも休憩がありましたが、自分は車外に出ずに寝ていました・・・(^_^;)
休憩はサイレンスであり、足元の青い光が着く程度の明るさになります。

縦9列シートをチョイスした割に、思ったより足元が広く感じられませんでした。心持ち広いといえば広いですが・・・。
一番前がオットマン付きで足元広めなのと、低反発クッションによりシートが二重になってるのが原因でしょうか。

それでもシート自体はとても快適で、よく眠ることができました。

朝の点灯で目が覚めると、バスは秋葉原駅に到着。その後、東京駅を経由して王子駅へ。
DSC_0472_201502200158051a3.jpg
(2015/02/18 王子駅南口)
王子には10分ほど遅れての到着となりました。バスはこのあと志木を目指します。
乗務員の方々、運転お疲れ様でした!

初めてのVIPライナーでしたが、シートの快適具合はよかったと思います。
足元を気にする方は一番前・一番後ろの席やランクアップシートを使うのもアリかもしれません。
縦9列だからといって、「足元がすごい広い」という風には感じませんでした。

環境として、一斉リクライニングだけでなくカーテンが二重になっていることが気になりました。
一枚だけだと明かりが漏れることもありますし、この二重構造は面白いなと思います。

VIPライナーの公式サイトからだと座席指定もできるのでオススメです。
他にも様々なシートランクがあり、グランシアやロイヤルブルーは一度乗ってみたい部類ですね。

これで、VIPライナー1便の乗車記を終わります。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/498-3400b313
    この記事へのトラックバック