【夜行】苗場ホワイトスノーシャトル3便(小田原→苗場:伊豆箱根バス)

2015年01月09日 13:11

夜行バスの中には期間限定で運行されるものがあります。
今回乗車してみたのは、スキーシーズン限定で運行されている夜行バスとなります。

その名も“ホワイトスノーシャトル”、東京から苗場や軽井沢へ向かうバスです。

▽伊豆箱根バス 2433 湘南200か14-29
DSC_0757_2015010912263632a.jpg
(2015/01/08 苗場プリンスホテル前)
今回乗車したのは、苗場ホワイトスノーシャトルの3便です。
この便は小田原を始発とし、横浜・品川・池袋を経由して苗場へと向かう路線になります。
苗場方面は夜行便として運行されており、伊豆箱根バスが担当しています。

伊豆箱根バスの貴重な高速路線、それも夜行便ということで、興味が以前から湧いてました(^^ゞ

DSC_0736k_201501091226315fc.jpg
(2015/01/07 小田原駅西口)
今回は始発の小田原まで向かい、終点苗場プリンスホテルまで乗ってみました。
小田原駅の西口から出ています。写真のガーラがやってきました。
発車オーライネットで発券した乗車券を渡し、車内へと入ります。

DSC_0740_20150109122633499.jpg
DSC_0742.jpg
車内は縦11列の4列シートで、センターアームレストは無し、補助席付きと一般的な貸切仕様っぽいですね。
乗務員は2名体制で、仮眠席用に1CD席が確保されています。

DSC_0754.jpg
乗車時、このような案内も渡されました。

小田原からは自分1人の乗車で、定刻通り出発となります。
荻窪から小田原厚木道路へ、そして厚木インターから東名高速へと入ります。

横浜に到着する前の時間調整を兼ねて、海老名サービスエリアで15分ほどの開放休憩があります。
自分は特にトイレとかも大丈夫だったので外には出なかったです(^_^;)

横浜町田インターから保土ヶ谷バイパス、そして狩場の辺りから1号線へ。
そして横浜シティエアターミナルに到着。こちらで1名が乗車し、定刻で出発しました。

東神奈川ランプから首都高速へと入り、しばらく走って平和島ランプから再び下道へ。
15号線を北上して品川プリンスホテルへ、こちらから3名が乗車。こちらでも出発前までトイレ休憩が設けられました。

品川を出て再び首都高を走り、池袋へ。こちらからは4名が乗車。
このあと下落合や練馬でも乗車バス停がありますが、予約がないためここでアナウンスが入りました。
アナウンスが終わると車内は消灯となり、前方カーテンが閉められます。
ただし、窓カーテンは基本自由な扱いになっていました。自分は閉めて少しでも眠ることに・・・。

目を覚ますと、バスは上里に到着していました。
DSC_0748_20150109123732fa8.jpg
(2015/01/08 上里サービスエリア)
こちらで1:45~2:15の休憩となりました。
西武系列のバスが休憩で集まる定番の場所ですが、流石にこの時間はこれ1台でした(^_^;)

DSC_0739.jpg
貸切のところには、上から乗合のシールが貼られてました。

DSC_0745.jpg
こちらは前面行先。

DSC_0738_20150109122632195.jpg
側面はステッカーです。

上里を出るとバスは関越道をひたすら北上。自分ももう一眠り・・・。

車内が点灯すると、まもなく西武クリスタルとのアナウンスが流れました。
DSC_0750_2015010912580064a.jpg
前方カーテンが開かれましたが、外はいつの間にやら雪景色・・・!
西武クリスタルでは降車なし、浅貝や日帰りセンターでは数名が下車していきます。

DSC_0752_201501091258021d3.jpg
時間は4時前ですが、スキー場の明かりが目立ちます。

除雪が進む道を走っていき、終点苗場プリンスホテルにはほぼ定刻通り到着となりました。
DSC_0756k.jpg
(2015/01/08 苗場プリンスホテル前)

バスはお客さんを降ろして近くの駐車場へ回送されます。
DSC_0760_201501091258050b6.jpg
乗務員の方々、運転お疲れ様でした。

終点の苗場プリンスホテルは一応この時間も空いています。
ホテル内の通路を歩いていくと日帰りスキーセンターの方へと抜けることができます。
このあとワールドカップロッジの無料休憩室(4時オープン)で軽く仮眠しました(^_^;)
日曜とかだと朝6時からお風呂にも入れるみたいですね。

これで、苗場ホワイトスノーシャトルの乗車記を終わります。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/487-40055fde
    この記事へのトラックバック