【夜行】ぶんご号:2号車(名古屋→大分:大分バス)

2014年12月31日 00:02

帰省の往路、名古屋まで新東名スーパーライナーでやってきた自分。
この日のメインは、名鉄バスセンターを20:10に出発する“ぶんご号”です。

ぶんご号は1991年に運行を開始した路線になります。
九州道を下りると10号線を大分までひたすら走っていくルートになります。
現在は大分交通・大分バス・亀の井バスの共同運行路線です。

▽大分バス42180 大分200か・594
DSC_0384.jpg
(2014/12/29 権現湖パーキングエリア)
時期は絶賛繁忙期、各路線で続行が出る中ぶんご号も続行が出ます。
私が乗車したのは2号車の大分バス便、近年導入されたエアロエースがやってきました。
(本当は西工日野のSDを狙っていたのですが見事撃沈しました...。)

ちなみに1号車は大分交通、こちらも最近の新車ガーラ。この日は新車コンビだったわけですね。

というわけで、やってきました夜の名鉄バスセンター。
DSC_0375_20141230222100f6c.jpg
(2014/12/29 名鉄バスセンター)
ぶんご号は所定だと6番乗り場の発着ですが、続行便の2号車は8番乗り場での乗車となりました。
改札を済ませて車内へと入ります。
DSC_0376k_201412302221032a1.jpg
DSC_0377.jpg
車内は最後部が4列になっている、3列独立シートになります。
ハイデッカータイプながらも、トイレと仮眠室は床下に設置されています。

各席、レッグレスト・フットレスト完備の他、コンセントや車内用スリッパが備え付けられています。
窓際の席には通路カーテンが用意されていました。(B列はカーテンレールだけはありましたが...。)

DSC_0378.jpg
DSC_0379_20141230223340675.jpg
DSC_0380_20141230223343c3d.jpg
DSC_0381_20141230223711064.jpg
このように前ポケットには車内説明のリーフレットが用意されています。
給湯器の説明があると、初めて使う人でも安心できそうですね。

・・・と、4枚目にある通り、その給湯器の場所が面白いところにあります。
DSC_0395.jpg
従来5B席としてある位置にドンと設置されています・・・(^_^;)

では、紙コップとティーパック類はどこに?
DSC_0396_20141230223345fa4.jpg
それらは階段付近にありました(笑) ゴミ箱はトイレ横に置かれていました。

実際に使ってみての感想ですが、4B席の人が席を倒しているとちょっと使いづらい感も。
低姿勢になる必要もありますし、こぼれたときは結構怖いですね・・・。

と、車内の説明はその辺にしまして・・・。
名鉄バスセンターで20名ほどが乗車。名古屋側の停留所はここだけなのでこれで確定となります。
1号車よりやや出遅れて名鉄バスセンターを出発します。
(なお、これ以降1号車の姿を確認することはありませんでした(泣))

まず最初に、乗務員さんが座席表を持って車内を回っていました。
どうやらB席の人の中で、空いていた窓際の席に行く人がいないかを確認していたようです。

その後、客席側を向いて運行案内と車内案内を放送していました。
23時前後に消灯前の洗顔休憩を行い、その後消灯とのこと。

バスは東名阪に入り、快調に高速道路を進めていきます。
自分も思わずウトウトしてしまい・・・気づけば山陽道へと入っていました。

消灯前の洗顔休憩は、権現湖パーキングエリアで15分間実施されました。
DSC_0392.jpg
DSC_0386_20141230222106816.jpg
(2014/12/29 権現湖パーキングエリア)
特に時間が指定されていたわけではなかったのですが、15分経った頃には皆さん席に戻ってました。
大体22:50~23:05でした。自分も15分を有効に使って撮影・・・(笑)

DSC_0388.jpg
しかし、1号車はどこで休憩していたのでしょう?手前の三木とかでしょうかね。
1・2号車仲良く走るものかと思っていたら、意外にそうでもないようです。

休憩を終えてバスは出発準備。通路カーテンを使いたい方は使ってどうぞとの案内が流れます。
23:10に権現湖を出発し、約5分後に車内は消灯となりました。自分も眠りへとつきます...。

朝ふと目が覚めると、どこかに停車中。乗務員交代を行っていたようです。
出発すると一般道を走っていたので、どこかの道の駅だったのでしょうか。

走り出して暫くすると車内が予備灯状態となり、まもなく中津のアナウンスが。
こちらで1名が下車、時間を見ると20分ほどの早着となってました。出発後再び車内は消灯。

次は宇佐、こちらは15分ほどの早着で4名が下車。
宇佐を出たあとも10号線を走り続けていたようで、7時前に車内が明るくなり前方カーテンが開かれました。

別府北浜には10分ほどの早着。こちらで7名が下車していきました。
DSC_0393_20141230224340918.jpg
大分市内が近づき、まもなく大分トキハの案内がされました。

DSC_0394.jpg
きっちりと乗り換え案内も流してました(^^ゞ

ゆっくり走っていたのもあり、大分トキハ前には5分ほどの早着となりました。
DSC_0398k.jpg
(2014/12/30 大分トキハ・フォーラス前)
こちらで7名が下車。バスは終点の大分新川に向けて出発していきます。

DSC_0401k.jpg
(2014/12/30 大分トキハ・フォーラス前)
乗務員の方々、長距離の運転お疲れ様でした。

新車とだけあって快適な車中で過ごすことができました。
接客やサービスもとても丁寧なもので、利用者が多いのも非常に頷ける気がします。

次に乗る機会があれば、大分交通や亀の井バスの便にも乗ってみたいですね(^^ゞ

これで、ぶんご号2号車(大分バス便)の乗車記を終わります。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

  1. あげ周防 | URL | -

    Re: 明けましておめでとうございます!

    >>にっしいさん

    明けましておめでとうございます。コメントありがとうございます。

    おそらく時と場合によって変更している可能性があるかもしれませんね。

  2. あげ周防 | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>B高さん

    明けましておめでとうございます。コメントありがとうございます。

    サービスコーナーは諸事情や会社側の意図が複雑に絡み合った結果なのかもしれませんね。

    ぶんご号は3社毎で車両だけでなく運行面で特色があるのでしょうか。
    利用者側も「会社がここだから・・・」という理由で選ぶ人が案外多そうです。

  3. にっしぃ | URL | -

    明けましておめでとうございます!

    本年もよろしくお願いします。

    先日の大分交通「ぶんご号」の大分行きの休憩ですが、他の方のブログを拝見した所
    三木SAで休憩したとブログに書いてあったので、自分の時はたまたま淡河PAだったのかも知れません。

    今年、大分交通便に乗車して確かめてみようと思います。

    いい加減な情報、すいませんでした。

  4. B高 | URL | d4X6GCCs

    お疲れさまでした。
    大分バスの車内がこのようになっているとは驚きでした。ハイデッカーで給湯設備を維持するゆえの工夫でしょうか?

    大分交通ですが、混成で走っても他の2社よりマイペースで走る事が多いですね。
    私が乗車した2014年冬も中津駅で見てから名古屋でも見ませんでしたし、
    この年末の混成でも1台だけ登場、続行は?って感じたこともありました。

  5. あげ周防 | URL | -

    Re: はじめまして!お邪魔します。

    >>にっしいさん

    はじめまして、コメントありがとうございます。

    淡河の方でしたか。特に事業者で統一しているわけではないようですね。

    サービスコーナーの位置はうーん...という感じでした。
    従来の位置に設置できない理由があるのかもしれません。それか、単純に大分バスの方針なのか...。

  6. にっしぃ | URL | -

    はじめまして!お邪魔します。

    大分交通は「淡河PA」あたりで休憩しているものと思われます。

    以前「ぶんご号」大分交通便に名古屋から乗車したときがそうでした。

    お盆や年末年始には混成部隊となるこの路線、また乗りに行きたいですね。

    それにしても大分バスの車両、サービスコーナーの位置驚きですね。

    利用する側としては、従来の位置の方が利用しやすいと思うんですけど・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/484-0bf8f98c
この記事へのトラックバック