【昼行】ハッコーライナー(福岡→延岡:ハッコートラベル)

2014年04月02日 18:00

さて、ひむか号の乗車記を書きましたが、それとは別に今回の旅のもう一つのメインとなります。

今回延岡まで行くのに、普通にごかせ号で行っても良かったのですがそれでは面白くない。
それだけの理由で、以前から使ってみたかったハッコーライナーを利用してみることにしましたw

やってきたのは博多駅筑紫口のバスストップカフェ。ここで出発まで待って15分前になってバス停へ。
DSC_1100.jpg
(2014/03/31 博多駅筑紫口)
今回利用するライナーはツアーバスからの移行組の一つで、ハッコートラベルが運行しています。
ハッコートラベルは元々日向市の会社で、日向から博多へ向かう高速バスは今までありませんでした。

延岡まででも所要時間4時間になるこちらの路線に乗ってみたいと思います。

乗車日:2014/03/31
改札で名前を言って車内へと入ります。
DSC_1101.jpg
車内はいたって普通の4列×11列のシートになっています。貸切車からの転用ですね。

DSC_1102.jpg
各座席にはハッコーライナーの案内が載ったリーフレットが置かれていました。

博多駅から25名が乗車、乗車地はここのみでここから一気に宮崎北部へと目指します。
定刻になりバスは出発。乗務員さんによる放送が流され、その後車内でのマナー案内がDVDで。
途中休憩は、基山と途中にある道の駅2つとのこと。
DSC_1103.jpg
そしてそれが終了後はNHKが車内で流れていましたw 時間的に高校野球も見れてよかったなぁとw

バスは半道橋から都市高速へ入り、太宰府から九州道へと入ります。
結構なハイペースで進んでいくな・・・と思いつつ、バスはあっという間に基山へ。
DSC_1107k.jpg
(2014/03/31 基山パーキングエリア)
こちらで、17:25~17:35の休憩が取られました。近くには観光バスも止まってました。

DSC_1105.jpg
DSC_1112_20140402022155404.jpg
明るいうちに・・・ということで前面と側面の行先案内とか。

DSC_1106.jpg
移行後すぐは「貸切」のままでしたが、いつの間にか上からシールで乗合となってますね。

DSC_1113.jpg
ところで、なんで“ハッコー”なのかが気になります(笑)

休憩が終わり、バスは夕暮れの中九州道をひたすら南下します。
道中は大体NHKを見てましたが、ふとウトウト・・・。気づいたら熊本インターから九州道をおりて下道へ。
57号線を阿蘇方面へ向けてひたすら走り、バスは2回目の休憩に。
DSC_1117_20140402022708383.jpg
(2014/03/31 道の駅大津)
道の駅大津にて18:47~18:57の休憩となります。すでに日はくれて薄暗い空。

DSC_1115_20140402022706f0e.jpg
(2014/03/31 道の駅大津)
乗客は各々、休憩時間を有効に使って車内へと戻ります・・・。

DSC_1118.jpg
ふと気づいたのですが、運転席横にはしっかりと運賃箱が付いてますw

DSC_1121.jpg
撮影してたら「やけに熱心に撮影されるんですね~」と乗務員さんに声をかけられたり(^^ゞ

大津を出てバスは57号線、そして325号線を経由して夜の山道を走り抜けます。
山道を幾度となくこえ、高千穂町内へと突入。ただし高千穂の下車はなく通過となりました。
日之影町を過ぎたところ、道の駅星雲橋にて最後のトイレ休憩となります。
DSC_1125k.jpg
(2014/03/31 道の駅星雲橋)
ここで20:20~20:30の休憩、もうあたりは真っ暗です。

DSC_1127_20140402023002205.jpg
やはり山の中・・・、車もほとんど通らず綺麗な夜空が広がっていました!(´∀`*)

星雲橋を出るとバスはラストスパート。暗い道をものともせず前に進みます。
気づけば延岡市内へと入り、川沿いをしばらく走るとバスは延岡祇園町に到着。
DSC_1130k.jpg
(2014/03/31 延岡祇園町)
定刻より5分ほど早く到着となりました。乗務員の方、お疲れ様でした!

DSC_1134.jpg
ちなみに延岡祇園町は宮崎交通のバス停もあります。
わりと立地として悪くはない場所だと感じました。

今回、日向と博多を結ぶ高速バスとしてハッコーライナーは活躍していると認識できました。
その証拠に、日向・門川まで乗ったお客さんは20名。春休みとはいえ平日、なかなかの乗車率だと思います。
ただ、やはり日によっては乗客が少ないときもあるとのこと。

ちなみに、延岡・高千穂にいたってはごかせ号との競合区間となっています。
安い4列か快適な3列か。選べるのはお客さんにとっては大きいですね。

これからも、日向・門川と福岡を結ぶ唯一の高速バスとして活躍を続けていってほしいな、と思いました。

これで、ハッコーライナーの乗車記を終わります。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

  1. あげ周防 | URL | -

    Re: タイトルなし

    >> のあ さん

    コメントありがとうございます。

    そのような経緯があったのですね。

    確かに「八紘」で調べると、宮崎県の施設などが多数ヒットして驚いております。
    平和台公園の復刻に関しては、宮崎交通の方も関わっていたそうですね。

    太陽の光でサンサン照らされる宮崎...というイメージで「八光」→「ハッコー」?と思っていました。
    (もしかすると、かけているのかもしれませんが...。)

  2. のあ | URL | -

    ハッコーライナーを調べていてこのブログに行きつきました。
    書き込み失礼します。

    「ハッコー」の意味は昔、大東亜圏を「八紘一宇(はっこういちう)」と言っていたからだと社長に聞いた事があります。GHQにより軍国主義を彷彿させる、と削られていましたが平和台公園(宮崎)に「八紘一宇」と言う文字が復刻されました。

    また平和台公園には「八」の文字の付くレリーフもあります。八紘(あめつち)等・・。
    宮崎は「八」の字が好きなのかもしれません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/383-fa462db9
この記事へのトラックバック