【夜行】O.T.B.LINER150号車(一関→東京:オー・ティー・ビー)

2014年02月03日 19:48

皆様、こんばんは。今回の乗車記は先日の遠征の帰り分となります。

陸前高田から気仙沼を経由して内陸の一ノ関へとやってきた自分。
一ノ関をぶらぶらーとしながら、気づけば出発30分前。バス停へと向かいます。
DSC_0336.jpg
今回利用するのはOTBライナーの150号車。
一ノ関が始発となっており、古川と仙台を経由して東京に向かいます。

一ノ関に乗り入れた移行組はOTBのみで、バス停は東口に設置されています。
正直東口は何もないので、西口で暇を潰していたのですが・・・如何せん連絡通路もないのが大変w
DSC_0342k.jpg
(2014/02/01 一ノ関駅東口)
というわけで、出発の10分ほど前になって黄色いバスが入線してきました。
こちら、21:15発なんですが、後ろの建物で21時まで時間を過ごせるので立地的にわりかしいいかも?

DSC_0343k.jpg
(2014/02/01 一ノ関駅東口)
今回乗車したOTBライナーは、本体の株式会社オーティービーが運行する便となります。
ツアー末期に移行に向けて投入された新車のエアロエースが充当されました。

乗車日:2014/02/01
名前を言って受付を済ませて、車内へと入ります。
DSC_0347.jpg
DSC_0348_2014020318592738e.jpg
車内は4列×10列のゆったりシート“コンフォート”になっています。
全席にコンセントが装備され、フットレスト・ブランケットも準備されています。

DSC_0349.jpg
アメニティとしては簡素スリッパにエチケット袋が用意されています。
4列シートの夜行としては、なかなかいい車両な気がします。

ちなみに予約が入っている座席は全てフルリクライニング状態になっていました。
あまり倒れない、ってのもありますが、広々な空間が前にできて個人的には好感を持ちました。
正直4列夜行とかでリクライニングする際は、かなり後ろを気にする人なのでw

一ノ関駅からは5名が乗車、どうも乗ってこなかった人もいるみたいですが定刻でバスは出発。
出発後軽く案内が流れ、古川出発後の東北道で1回目の開放休憩が実施されることが伝えられました。
ちなみに、車内は禁酒・禁煙・臭いのきついものはご遠慮、とのことです( ̄▽ ̄;)

東北道をしばし走ったあと古川に立ち寄るため一旦高速を下ります。
古川駅のバス停はバスターミナル内にあり、こちらから1名が乗車。定刻で出発。

1回目の休憩地には、予告通りの22:40頃に到着となりました。
DSC_0361_20140203190036e77.jpg
(2014/02/01 鶴巣パーキングエリア)
こちらで23時までの休憩となりました。きちんと車止めしてますね。

ただこの時間、パーキングエリアはトイレと自販機以外特に何もないというさみしさ・・・(・ω・`)
DSC_0365k.jpg
DSC_0355_201402031900344ab.jpg
(2014/02/01 鶴巣パーキングエリア)
一応軽く撮影しておきまして、車内へと戻ります。

乗客が全員戻り、23時過ぎに鶴巣を出発。
仙台宮城ICで下りたバスは仙台西道路を走り、仙台市内へと向かいます。
仙台駅東口には出発20分前に到着。ここから19名が乗車となりました。

定刻よりやや遅れて仙台を出発。
DVDを使った車内案内が流れたあとは乗務員による運行予定の放送が流れます。
放送が終わると「あと5分ほどで消灯します」とアナウンス。日付変わり、24:10頃消灯となりました。

ちょっとうとうとと寝て・・・、起きてみたら休憩地に到着する寸前でした。
DSC_0366k.jpg
(2014/02/02 安達太良サービスエリア)
安達太良では、1:44~2:00の休憩となりました。
近くには夕陽号の国際興業便が停車していました。

DSC_0370_20140203192625b6f.jpg
(2014/02/02 安達太良サービスエリア)
他にも旅の散策、さくら高速、キラキラ号など・・・移行組たちがたくさん止まっていました。

安達太良出発後はあっという間に熟睡。バスは東北道を南下。
最後の休憩地である羽生には4:20過ぎに到着したのは確認しました。
・・・が、となりの方が熟睡中だったので、自分もすぐに眠りに戻ります(笑)

次に起きたときは、すでに車内は点灯。間もなく東京駅、とアナウンスが流れていました。
DSC_0376k.jpg
(2014/02/02 東京駅鍛冶橋駐車場)
終点の東京駅には、定刻の5:50に到着となりました。
道中あまり飛ばしてもなかったですし、ダイヤに少しは余裕がある感じといったところですかね。
長距離運行、乗務員の方々お疲れ様でした。

さて、今回個人的に気になったところは・・・“音”でしょうか。

肘掛が可動式なのですが、動かすと「キィー」とものすごい音が鳴っていました・・・。
小さい音なら少しは我慢できますが、大きい上に不快感があがりそうな感じだったので・・・。
単純に元からそういった仕様なのか、車両の整備不良なのか?
購入から1年ちょいしか経ってない新車なはずなんですが、その点が残念でした。

あと走行中、空調関連でしょうか?なにやら車内で奇妙な音が・・・。
最初座席の軋む音?かと思いましたが、やけにリズムよく鳴っていたので多分空調なのかなぁと。
これは小さめの音ですが、一度気になると頭にくっついちゃいますね(^_^;)

接客面ではそんなに不満な部分はなかったですし、車両も設備自体はいいんですけど・・・。
夜行バスの乗車の上で“音”ってのはかなり重要なポイントだと勝手に考えてます。
そこに不備があるのは、個人的に残念としか言い様がないです。
とはいえ、今回乗った車両が偶然にもそうだった可能性も否定はできません。微妙なとこですね。

さて今回、こちらを利用する際ウィンターキャンペーンを使いました。
通常6000円のところが3500円!おかげさまでお安くそれなりに快適には過ごせました( ̄▽ ̄;)
安く!そして快適に過ごしたい!って言う方にはコンフォートはオススメかもしれません。

これで、OTBライナー150号車の乗車記を終わります。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

  1. あげ周防 | URL | -

    Re: 音は気になりますね

    >>裏さん

    こんばんは、コメントありがとうございます。

    なるほど、劣化ではなく新車特有の特徴だっとは知りませんでした。
    なかなか大きい音だったので気になりましたね・・・。

  2. | URL | ntjGH7yg

    音は気になりますね

    はじめまして。
    肘掛を動かす時の音が気になる、とのことでしたが、これは実は経年劣化ではなく、新車特有の悩みなんです。
    上げ下げを繰り返してくうちに、やがて音はしなくなります。
    とはいえ、気になりますよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/361-a4a004fa
この記事へのトラックバック