【夜行】横浜・鎌倉・藤沢~金沢線(金沢→横浜:江ノ電バス藤沢)

2013年11月18日 01:49

こんばんは。こんな時間までレポートと格闘・・・w

さて、先日の旅帰り、金沢から江ノ電バス藤沢の金沢線を利用してみました。
DSC_1030.jpg
(2013/11/16 金沢駅東口)
こちらの路線、元をたどると1989年に北陸鉄道・相模鉄道で共同運行を開始した路線でした。
2007年に相鉄に変わって江ノ電が参入、藤沢まで延長、その後福井経由ともなります。

注目すべきは車両。
DSC_1031.jpg
(2013/11/16 金沢駅東口)
江ノ電バスはこの夜行路線用に、西工の02MCSD車を導入。オートマ仕様となっています。
こちらの車両は以前からかねがね聞いておりましたので・・・いつかは乗りたいと思っていました。

この日は811号車が担当でした。(ちなみに旧811号車は現在貸切登録な712号車とか・・・。)
10分ほど前に入線し、改札を済ませて車内へと入ります。

乗車日:2013/11/16夜
車内はこのようになっています。
DSC_1033.jpg
DSC_1034.jpg
DSC_1035.jpg
江ノ電バス夜行の特徴、緑色のシート!
車両によっては赤地が黄色地になっているのもあるみたいです。
通路カーテン・レッグレスト・フットレスト・スリッパ完備で万全の装備となっています。

金沢駅を定刻で出発したバスは金沢市内、北陸道各バス停でお客さんを乗せていきます。
車内案内が時折放映されるのですが、ブランケットの予備の場所を案内していたりもしていました。

DSC_1036.jpg
各座席にはこのように案内もあって分かりやすくなっています。
・・・個人的には、左上に何があったのか気になるところですw

福井駅を出発後、バス車内は消灯。この日は半分ぐらいの乗車率でしょうか。
窓カーテンはここまで全開で、お客さんに各自で閉めてもらう方式みたいです。

福井駅から30分ほど・・・、唯一乗客の降りれる休憩として南条サービスエリアに到着。
DSC_1051.jpg
(2013/11/16 南条サービスエリア)
こちらにて約10分間の休憩となります。降車する際は乗務員からカードが渡されます。

DSC_1050k.jpg
DSC_1040.jpg
(2013/11/16 南条サービスエリア)
いつも見て思いますが、西工夜行車の夜はホントかっこいいですね(^^♪

さて休憩も終わり、車内へ戻って就寝モードへ。
この日はトイレ前の4C席だったので一気にフルリクライニング。快適性はもちろん抜群。
正直、西鉄の02MCよりも座席の快適性は上なんじゃないかというぐらいよかったです。

朝・・・気づいたら車内が明るくなり間もなく横浜駅との案内が。
DSC_1061k.jpg
(2013/11/17 横浜駅西口)
まだ夜が明けきれない横浜駅へと5分ほど早く到着しました。
半分ぐらい降りたので、案外鎌倉や藤沢までのるんだなぁ、と思いました。

バスは終点藤沢へ向けて出発。
DSC_1068.jpg
(2013/11/17 横浜駅西口)
江ノ電バスの乗務員さんの方々、運行お疲れ様でした!

というわけで、快適性はとびきりよかった今回の江ノ電バス。
残念なのは窓カーテンが自分で閉めないといけないところでしょうか。
あと、オートマの変速音が自分はちょい気になったり・・・。思ったより音大きいんですね。

とはいえ、かなりの快適さで乗車できる江ノ電バス夜行でした。
他にも田沢湖や大阪にも西工車が行っていますが、大阪線のはレッグレストがないのでお気を付けください。

これで、江ノ電バス藤沢の横浜・鎌倉・藤沢~金沢線の乗車記を終わります。ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/342-5626f691
    この記事へのトラックバック