【夜行】盛岡~横浜線(盛岡→町田:岩手県交通)

2013年09月08日 23:26

こんばんは。今回は先日の三陸遠征帰りの乗車記となります。

宮古→久慈→盛岡と移動し、盛岡でジャージャー麺をたいらげました(笑)
そのあとバスで盛岡バスセンターまで、今回初めて行くこととなりましたが・・・
DSC_1964.jpg
(2013/09/04 盛岡バスセンター)
話には聞いていましたが素晴らしい雰囲気です。
といっても夜なので活気がありませんが、昼間は活気があるんでしょうか。

この日乗るバスは出発10分ほど前に入線してきました。
DSC_1970k.jpg
(2013/09/04 盛岡バスセンター)
盛岡と横浜・町田・本厚木を結ぶ夜行高速バスです。名称はありません。
運行当初は神奈川中央交通との共同運行でしたが現在は岩手県交通単独運行となっています。

さて・・・この路線で注目なのはなんと言っても車両。
岩手県交通の運用二つのうち一つには写真の西工車02MCSD-Ⅱが充当されています!
元々滋賀県の近江鉄道に所属していた車両でしたが、中古車として売りに出されました。
DSC_1973k.jpg
(2013/09/04 盛岡バスセンター)
開放休憩がないことは知っていたので、盛岡バスセンターで形だけとっておきました。
さて撮影後改札を済ませ車内へと入ります。
DSC_1975.jpg
DSC_1976.jpg
車内は3列独立シート(最後尾4列シート)となっており、トイレが中央に設置されています。
レッグレストと毛布が完備され、サービスコーナーも残っています。
前の座席下には固定されたフットレストのようなものが設置されています。

座席回りを見ると色々と面白いですね(笑)
まず床下ヒーターのスイッチが各座席のリクライニングレバーの隣にあります。
さらにB席(中央列)の読書灯はなんと天井に・・・。こちらのスイッチもレバーの隣に。

ところでこの座席を見て、国鉄型車両の座席を連想したのは私だけでしょうか?(笑)

盛岡バスセンターで5人乗せたバスは定刻で出発します。
続く盛岡駅では3人乗車、その後乗務員さんより北上駅出発後まで消灯しないことが伝えられました。

都南では誰も乗ることなく、バスは盛岡南から高速を走り、花巻南で降りてから花巻市内へ。
花巻駅・花巻上町ともに乗車はなし・・・。下道を走って北上市内へ。
福祉センター前では乗車はありませんでしたが、北上駅から3人乗車。この日は11人で確定となりました。

北上駅出発前、乗務員さんから簡単な車内放送が行われました。
出発して高速道路に再び突入したあたりで車内は消灯。翌朝まで休憩なしで横浜まで。

フルリクライニングでじっくりと眠りにつくことにします・・・。

朝起きてみるとバスは横浜駅に到着していました。ここで数名が下車。
まだうとうと状態だったので・・・、ようやく目が覚めたのは町田のすぐ手前でした(^_^;)

DSC_1977k.jpg
(2013/09/05 町田バスセンター)
定刻よりも30分近く早く到着、ここからバスは本厚木を目指します。
岩手県交通の乗務員の方々、長距離運行お疲れ様でした。

今回初めて岩手県交通の夜行バスに乗車しました。
とりあえず毛布がとても厚めなのがありがたいですね。冬場などはしっかり防寒できそう。
そして座席でしたが、体にしっかりフィットしたおかげで快適に眠れました。
首都圏にやってくる西工車夜行として・・・第二の人生をこれからも頑張っていただきたいです。

これで、盛岡~横浜線の乗車記を終わります。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/322-aaaa90a2
    この記事へのトラックバック