--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【夜行(ツアー)】WILLER-EXPRESS2420便80号車(福岡→名古屋)

2013年02月20日 23:46

こんばんは。
今回からは帰京で利用したバスの乗車記です。

やってきたのは夜19時過ぎの博多埠頭。
今回は名古屋経由で帰京することにしましたが、乗車したのはこちら。
DSC_0748.jpg
(博多埠頭バス駐車場)
どんたく号ではなく、あえてWILLERを利用してみました。
(というか、どんたく号が西鉄でかつ行きと同じエアロは嫌だと思ったからなんですがw)
乗車20分前に埠頭についたのですが、その時にはすでに待機していました。
乗務員さんの検札を受けて、車内へ。
DSC_0752.jpg
今回利用したのはこちらのリラックス・・・ではなくて、
DSC_0751.jpg
リラックスの一つ上、リラックスワイドです。
こちらは通常のリラックスよりも座席幅が約1.2倍になっており、独立3列仕様になっています。
車内は前3列目までがリラックスワイド、それより後ろがリラックスになっています。
ウィラーといえばやはりリラックスのインパクトが強いのですが、果たして・・・。

博多埠頭では自分1人だけの乗車で、定刻よりも5分早く出発しました。
博多駅まで大博通りを走るのですが、ここで乗務員さんたちの話に思わず聞き耳。

どうも乗車日前日(15日)から、博多駅筑紫口のバス駐車場はツアーバスが入れなくなったとのこと。
博多の係員さんからの連絡のようで、乗務員さんたちは全く知らなかったようです。

トラブルの中、博多駅筑紫口の路上に停車。後ろにはロイヤルエクスプレスも。
ここから3名乗車して、次は天神日銀前付近の路上に停車。ここから8名乗車。
バスは都市高速に入り一旦小倉駅へ向かいます。自分は思わずここでうとうと・・・。

気づいたら小倉駅に到着しており、まさかの一回目の休憩が行われました。
DSC_0755.jpg
(小倉駅北口バス駐車場)
ここからは7名乗車したようで、この日は19名の乗車が各停。土→日にしてはまずまずでしょうか。
ここで乗務員さんの方に空いているリラックスワイドに移動しますか?と聞かれましたが、丁寧に断りました。自分で選んだ2B席なのでw
リラックスワイドは自分で座席を指定することができます。座席数がもともと少なく、かつ2Bは後ろに気兼ねなく席を倒せるので選びました。(ただ、読書灯はついてません。)

運転手も交代し、ここからバスは下松サービスエリアへ。
と、ここで気づいたのですが、まさかの199号線経由なんですねw
あえて都市高速を使わないのは、経費節減か何かなんでしょうか・・・。

乗務員さんの案内、そして機械放送の後一時的に減灯。
下松サービスエリアには23時40分頃到着。こちらで15分ほど休憩。
DSC_0758k.jpg
(下松サービスエリア)
ここからは完全に消灯され、バスは東へと進んで行きます。

さて、リラックスワイドですが予想以上にリクライニングがききます。
さすが、乗務員さんが「140°傾きます」と丁寧に案内しているだけありますw
そして肘掛の位置も自分にはちょうどよくフィットしました。
足元も結構広いので、かなりのびのびと寝ることができました。

案内によれば乗務員さんは福山サービスエリアにて一回交代しているようです。
次に起きた時は三回目の休憩地である龍野西サービスエリアでした。
DSC_0760.jpg
(龍野西サービスエリア)
3時半頃でした。となりには同じツアーバスの旅の散策号が。

そして次の休憩地は草津パーキングエリア。
DSC_0765k.jpg
(草津パーキングエリア)
こちらには5時45分頃の到着。この休憩が最後となります。

そして気づけば名古屋駅の手前、定刻で名古屋駅に到着しました。
その後栄に向かいます。大体の乗客は名古屋駅で降りてしまいました。
DSC_0767k.jpg
(栄・愛の広場前)
ということで、定刻で栄に到着しました。乗務員さんお疲れ様でした。

今回乗車したリラックスワイド、思ったよりも快適な睡眠をとることができました。
これでトイレがあれば、深夜帯の休憩で起こされることもなくなるのでいいのでは・・・。

あとはやはり路上駐車の問題が深刻であると思いました。
バス停・ターミナル確保は大変でしょうが、それを確保しないと地域的に迷惑な面がありますし、できないと分かったら早めの撤退がいいんではないでしょうか・・・。
福岡でバス停を確保できたツアーバスは聞いたことがないんですよね。
筑紫口の対応も早くしないと、今後渋滞を引き起こす大きな要因になり続けてしまいます。
(正直そうなると分かるはずなのに、予告なしでツアーバス禁止にした駐車場管理側にも問題はあると思うんですが・・・。)

これでWILLERのリラックスワイドの乗車記を終わります。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/279-01eadbf0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。