【夜行】東京特急ニュースター号(大阪→王子)

2013年01月20日 00:00

ということで、大阪遠征の帰りの乗車記録です。

帰りは正規の高速バスを利用しようと考えていたのですが、なんせこの区間は様々な事業者が路線を展開しているのでどれにするか悩む悩む・・・。
結果として、2012年に開業したばかりの東京特急ニュースター号を利用することに。

東京特急ニュースター号は、2012年6月に運行を開始した路線で、運行担当は貸切バス事業を展開していた大阪バスです。(東京側は東京バスが運行支援業務をします。)
2013年1月からは秋葉原駅にも停車するようになったらしいので、今回どれくらいの乗車率なのかなど色々と見てみたくて乗車してみました。

今回は大阪駅から乗車。バス停はJRの高架下にあります。
DSC_0313k.jpg
(大阪駅前)
出発は22:30とのことですが、20分近く早く入線しました。
車両は日野のセレガ、3列独立シートでトイレは後方にあります。
DSC_0325.jpg
DSC_0326.jpg
車内、座席はこのようにカラフルな配置となっています。
大阪駅出発時点では10名で、このあと京都駅から2名乗車。計12名で東京へ。

大阪駅・京都駅出発後、ともに自動放送と乗務員さんによるアナウンスが流れます。
道中3箇所にて休憩があり、開放休憩というわけではないけれど普通にバスの出入りはOkとのこと。
そして秋葉原駅での乗降ができないことも伝えられます。まだ許可が下りていないようで・・・(^_^;)

インターから高速に入ると完全消灯となり、ひとまず少し眠りへ・・・。
ふと思ったのですが、大阪バスのブランケット、いいもの使っているんですかね?すごく保温性があるというか・・・。常に膝・足が温かくてよかったです。

起きたら一回目の休憩地である土山でした。
DSC_0319.jpg
(土山サービスエリア)
外は雪が積もって寒い寒い・・・。さっさと中に戻って熟睡モードへ。
気づいたら東京駅の手前でした(^_^;)
約20分ほど早着して東京駅に。ここで10名下車で、残るは自分を含めて2名だけ。

終点王子駅には約50分近く早い7時頃に到着しました。
DSC_0327k.jpg
(北区王子駅前)
到着後は、乗務員さんたちはしばらくここで気を休めていました。

さて今回乗ったニュースター号ですが、行きにウィラーのニュープレミアムに乗っていたのでシートの格差は感じてしまいましたが、標準的な独立3列なら快適といえば快適だなぁと感じました。
個人的にはブランケットが大きく、かつ保温性があったのですごくよかったです。
これにカーテンやコンセントが付くともっとすごくなりそうですが・・・w

ただ、今回感じたのが週末というのに予想以上に乗客が少なかったことです。
確かにこの区間は激戦区ではありますが、運賃は往復割引を使えば通年で片道あたり6800円、学生割引だと片道6400円だったりとツアーバスに比べればちょっと高いですが、普通の正規高速に比べれば安いほうだと思うんですよね、しかも3列独立シート。
宣伝が足りない、っていう感じなのでしょうか。
正直自分はこの路線の存在を以前まで全く知りませんでしたし、知っても一瞬ツアーバスなのかな?と思ったりしていました。
TwitterというSNSを使って宣伝をしている点はよいと思いますが、もっと強い宣伝をしてお客さんの数を伸ばして欲しいな・・・と感じます。(そういう場所がないのかもしれませんが・・・。)
新規参入とはいえ、これからも他の会社に負けずに頑張ってほしいと思います。

ということで、ニュースター号の乗車記を終わります。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/273-d2c11fd2
    この記事へのトラックバック