伝説級?な25番

2010年12月06日 21:27

RSCN7437.png
メディアドーム前にて 北九州唯一の68**のJM改

画像はまったく関係ありませんので悪しからず(笑

ウィキペディアで最近、25番急行の存在を知りました。
ルートは芦屋車庫から折尾・引野口・北九州道路(現在の都市高)を通って、砂津まで。あっという間に廃止になったようですが・・・青バスを使用していた列記とした市内急行路線だったようです。
一度でいいから見てみたかったなぁ、と感じます。記述によれば、急行廃止後25番も数年存続自体はしたそうですが、それすら見ていません・・・。
まぁ、西鉄がLED改造を始めたぐらいから興味を持ち出した自分ですから、仕方はないんですけどね。
スポンサーサイト


コメント

  1. 芦屋っ子 | URL | 5KTh30no

    芦屋車庫・末期

    ああ、スペラン居ましたね。6405.6408.6484.6596.6632と添田交通仕様のスペランもどき3001.3002.3003。
    3004.3005.3006が新車だっただけに、スペランがダサく見えてました。

    やっぱ57.58代であふれてたころが懐かしいです。

  2. あげ周防 | URL | OW4ATh36

    >芦屋っ子さん

    おはようございます。コメントありがとうございます。

    黒崎~海老津線など、懐かしい路線ですよね。
    自分はうっすらと記憶にあるようでないんです…。
    遠賀川駅の前で芦屋のスペランを見たぐらいがなんとかはっきりした記憶です(^_^;

    今では20番も海老津~赤間が残るのみとなりましたし、なんとかこの番号が残ることを願いたい限りと思います。

  3. 芦屋っ子 | URL | 484kFWi.

    芦屋車庫

    管理委託時代の芦屋車庫は堂々たる物でした。1997年頃くらいまで。
    まだ黒崎~海老津線なども運行しており、運用の少ない日曜は昼間でも58代などの大型がズラリ。4947や4948が新製配置され、まぁ5555という素晴らしいかまぼこちゃんもいましたけどね!!

    添田の中古が来たときは、落胆したなぁ。添田の中古が来るくらいだから廃止も近いとは、うすうす感じるようになってました。本数は55往復あったんですけど、完全に空気輸送でしたからね。

    年々、減ってゆく。
    寂しい限りです

  4. あげ周防 | URL | OW4ATh36

    >芦屋っ子さん

    おはようございます。長文コメント、ありがとうございます。

    コメントを読んでいて非常に知らなかったことが多く、とても参考になりました!
    旧芦屋急行についての情報は、ルートなど一部は知り合いの方からお聞きはしていましたが、ここまでの経緯は全く知りませんでした…。

    芦屋車庫がちょうど廃止になる頃がギリギリ記憶にあるもので、自分が初めて芦屋地区をバス趣味として訪れたのも廃止になってから数年経っていました。
    25番と旧芦屋急行だけでなく、芦屋線の姿を一度でも撮りたかった、と今でも悔やんでおります。

    現在の芦屋急行もやや減便傾向にはありますが頑張ってほしい路線の一つだと思います。なんとか黒崎~芦屋を結ぶ手段として残って、これからも地域輸送で活躍してほしいですね(^_^)

  5. 芦屋っ子 | URL | nEx7PFYA

    懐かしい

    こんばんわ。
    Wikipedia編集した張本人です 笑
    簡単に芦屋線の補足しておきます。

    昔は八幡営業所芦屋車庫でした。21番の堤防経由で浅野まで運行されていて。
    黒崎からはちょうど現在の22番のルートですね。
    そもそも20番台は福岡~門司線が名乗っていたエースナンバーで、芦屋線はそれに次ぐ準エースでした。初代芦屋急行はその21番のルートで折尾から急行となる系統でした。22番は小嶺営業所~岩渕橋あたりまでの運行だったと記憶しています。いまの22番はかつての20.21番の後継者といえる路線なんですね。砂津発着に変わりはしましたが運行本数もほぼ、当時と変わりません。

    当時は折尾発着所が健在で、市営バスとシェア争いが激しかったですね。昭和50年以前は両社合わせて折尾芦屋間は毎時6-9本くらい運行されてましたっけ。今じゃ芦屋まで40分以上かかるんですが、このころは20分くらいで着いてました。

    折尾発着所が火災で焼けたころから衰退が始まり、駅の再開発で市営バス側が整備され、芦屋線は駅からは離れた「折尾」停留所にしか停車しないことで一気に劣勢にたたされるようになりました。次いでJRが増便し、芦屋線も遠賀川~芦屋のローカル輸送に徹するようになり、次第にジリ貧になっていきました。

    そんな過渡期に2代目芦屋急行は満を持して運行されるようになりました。香月快速・中間急行と共に西鉄が開発した北九州道路経由3兄弟です。ほかはトップドアでしたけどね。。何れも一日12~20往復弱くらいあったんじゃないかな。そうそう、香月快速は日中も運転されてましたし。
    1988年運行開始と推定されます。確か10年そこそこぶりに小倉直通が復活したんだっけ。

    芦屋車庫から一気に折尾まで行って、東団地・引野口・北九州道路経由で小倉側は貴船町・黄金町・三萩野・平和通り・小倉駅前・砂津だったと思います。
    ただ、利用客は少なかったですね。全くいなかったわけではなかったですが…。
    途中の停留所でちょこちょこ、拾ってはいましたがラッシュでさえシートいっぱいになるのがやっとでした。日中は、お察しくださいorz
    結局、路線は短期間で廃止されたのですが、当時は路線の免許の事情等もあり利用客の多かった時間帯に残置されたのが25番というわけです。

    現在運行されている芦屋急行が僅かに残る残党ですね。完全廃止されなくてよかったと思います。一応市内線仕様の大型車で運行されてますし。
    補助金でとはいえ、10月で10周年になる路線です。
    もっとマニアの人、芦屋線大事にしてくださいね!!

  6. あげ周防 | URL | -

    >>はちさん
    こんばんわ、コメントありがとうございます。返信が遅れまして、すみません・・・。
    中間急行線なら聞いたことがありますし、現在もその名残が残っていますね。この路線にも一度乗りたかった、と思う路線です。

  7. はち | URL | .rW1lqEk

    自分の記憶が間違っていなければ・・・

    この芦屋急行線、25番他の芦屋線とは別路線でした。

    また、芦屋急行線の廃止新設前後(どちらが先かは失念。)には、中間急行線がありまして、砂津から都市高・塔野口・通谷・中間営業所と走ってました。

  8. あげ周防 | URL | -

    >>地元人さん
    こんばんわ、はじめまして。コメントありがとうございます。
    1986年となると、もう25年も前・・・急行はすでに廃止になっていたのですね。一日数本になっても、細々と25番がんばっていたんですね。
    芦屋地区は確かに競艇に力を入れてますね。今では、ややベッドタウン的要素が生まれてきている気はします。
    芦屋車庫、一回も行くことすらなかったですが、バス停の行く先に跡が残り続けたのですね。見てみたかったです・・・。

    >>ちーぼーさん
    こんばんわ、コメントありがとうございます。
    確かに、今みたいにサービスが充実していれば、少しは需要が見えた路線だったかもしれませんね。
    残っていれば、香月快速や106番に負けない、かなりの長距離都市高速経由路線だったでしょうね。

  9. ちーぼー | URL | -

    お久しぶりです。
    25番の件は私もWikiで拝見したことがあります。
    今であれば得パスがあるのでお得な路線かもしれませんが昔は無かったのでやはり折尾駅からJRを利用する人が多かったようですね。
    今でも存在すれば香月快速を超えるくらいの長距離路線ですよね。

  10. 地元人 | URL | wGi1UOa6

    自分が生まれる86年以降には急行はなかったようですね。また、引野口ゆき(25番)は、急行新設当初からあったようです。自分が物心ついてきた頃には、25番は平日土曜に一日2~3本で日祝運休、21番が二時間に1本ほど、メインは24番で多い時間帯には一時間に5本ほど走ってた頃が、自分にとっては最盛期だったように思います(当時はボート事業で潤ってたんでしょうね、町自体がw)。芦屋線や町の衰退のもとは、やっぱり外から来る人をうまいこと取り入れる(観光資源の活用や都市圏郊外のベッドタウン的な誘致等)ことそっちのけで、ボート事業に重点的に取り組んできた結果なんでしょうね・・・。
    幼い頃、西鉄バスで家族と一緒に黒崎まで遊びに行ったり、地元から福岡まで学校に通ってた者としては、芦屋線の廃止は本当に無念でした。
    また、余談ですが、廃止(2005年)まで使われた芦屋車庫の電光タイプのバス停の行き先部分には、急行と砂津が消された跡がくっきり残ってました^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/192-23e8a71c
この記事へのトラックバック