福岡と北九州の違い【都市高速編】

2010年07月12日 22:15

DSCN9695.png
平和通りにて

西鉄のひとつの特徴として挙げられるもの、それは他者と比べて都市高速を使った系統が充実しているところでしょうか。
福岡県には二つの都市高速があります。北九州都市高速と福岡都市高速、それぞれを走る路線はありますが、ちょっとした違い(?)もあります。
福岡といえば、本数が格段に多く、赤間・香椎・土井・宇美・那珂川・金武など福岡中心部(天神・博多)を基点に都市高速系統の路線網が発達しています。また、都市高速を使った臨時バスも多く運行されています。
北九州は逆に各路線の本数は少ないです。臨時バスの運行もめったに、というかほとんどありません。ですが、福岡に比べると特徴的な路線が多いです。
たとえば、香月快速。この路線は筑鉄香月~砂津を結ぶ路線で、片道全区間乗るだけで1日フリー券の元が取れるという恐ろしい路線です(笑)都市高速走行は黒崎I.C~紫川I.C間。この区間を走る路線バスはこれと高速バスだけです。また106番ができるまでは北九州市内では一番長い都市高速走行時間でした。そして西鉄の中で唯一高速上のバス停に止まる路線バスです。
この路線の車窓からは北九州の八幡の町を眺めることができます。(黒崎I.C~大谷I.C間)夜も運行されているのですが右手を見れば夜景が広がる、ある意味観光もできそうな路線です(笑)
次に特徴的といえば110番・恒見急行です。都市高速系統の中では異例のループ路線です。(最近は増えつつあるみたいですが…)110番・急行で小倉までいき、そこで互いに種別変更をしてまた恒見にもどります。(ただし、朝と夜に大門止め急行があり。)急行の区間はなかなかの坂を上って山をトンネル越えします。110番は団地の中をひたすら駆け抜けます。
ほかにも恒見・志井から戸畑の浅生市場へ向かう路線など、本数は少ないけれどここを走るか、と思わせる路線がたくさんです。
福岡地区でも印象に残っている路線が個人的にあります。312番などここぞといわんばかりに早く博多駅に到達できる路線やバイパスと走り、そして都市高速を走る赤間急行。ただ、自分どうしても福岡はあんまり都市高速路線乗っていないので詳しくはないです(汗)

と、何か北九州よりな記事ですが(笑) でわでわ。
スポンサーサイト


コメント

  1. あげ周防 | URL | -

    >>M:Iさん
    こんばんわ~、毎度コメントありがとうございます。

    昔はもっと異色のループ路線だったのですね(汗)青葉車庫発でループをするってかなりの疲労を招きそうな気もします(^_^;)
    今では大門止めで急行が残っていますがある意味その名残なのかもしれませんね。
    34番・134番はまだ小倉駅BC止めは存在しますね。34番はループのですが134番はわからないですね…。でもループの可能性はあると思います。

    そちらも健康管理に気をつけて夏をお過ごしください(^_^)

  2. M:I | URL | -

    どうもこんばんは 暑中お見舞い申し上げます。

     110番と急行のループ路線は今回が初めてではないのです。ほんの一時期でしたが、今とは違ったルートで運行していました。
     2001年の春頃だったでしょうか、都市高速の長野ランプ(小倉東インター付近)が開設した頃に、ダイヤ改正で110番のルート変更と、急行とのループ路線(一部のみ)が新設されました。
    ルートはこんな感じでした。
    青葉車庫~小倉駅BC~三萩野~(篠崎南ランプ)~都市高速~(長野ランプ)~小倉東インター~沼団地口~吉田団地第二~恒見営業所~畑~桜ケ丘団地下~寺内~(大里ランプ)~都市高速~(冨野ランプ)~砂津~魚町~青葉車庫
    ループした時間はお昼を中心に運行して、朝と夕方から夜にかけては両ルート恒見発着にして青葉車庫(一部は大門・浅野)とを結んでいました。20分に1本運行していたと思います。(乗車経験有)
    しかしその年に西鉄バスの事故が多発して、全体的に運行本数を減少することになり、110番と急行のループも半年ぐらいで終了し、ダイヤ改正前のルートや本数にほぼ戻りました。(急行の青葉車庫発着は継続していました)それから年月は流れ、現在のループに至っています。
    そういえば、34番と134番の一部(朝)にループ路線が存在したのですが、今はどうなっているのでしょうか。

    長くなったので今回はこの辺で失礼します。
    お互い、熱中症には気をつけましょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tikutetsuzuki.blog64.fc2.com/tb.php/137-0b064eff
この記事へのトラックバック