77番の現状

2009年11月10日 22:35

blog-fail-nk-ke-0000027
北九州では比較的新しい路線である77番、平成20年春に運行を開始しました。新設当初は朝の折尾方面は多くの通学客を乗せていたと聞きますが、昼そして夕方の乗客は皆無に近かったです。
もともと77番というのは三ヶ森経由で黒崎に向かう便でしたが、廃止後その番号は忘れ去られていました。その後某党が八幡南地区~折尾地区の路線開設を西鉄に申請しこの路線番号は復活しました。

さて新設当初は空気輸送となっていた77番で、その後一年間はあまり状態はよくありませんでした。私は77番沿線の塾に受験中行っていたのですがいつ77番に乗ってもその乗客数が10人を超えることは滅多になかったです(時間帯にもよるのだろうけれど・・・)。
受験が終わってからしばらく77番に乗る機会がなかったのですが、7月に再び乗ることができました。

状況は一変していました(滝汗)

何時の間にやら満席になり立ち席もちらほら。その後さまざまな時間帯に77番に乗ってみましたがいづれも乗客が20人はありようやく浸透したような気がしました。
そして同じ月には本城西団地・折尾車庫~香月営業所・小嶺車庫と運行区間を変更しました。個人的には星が丘発着便もつくってもおかしくはないかもしれません。どうも利用客は53→77の乗り換えも多いようです。

これからの77番の発展に期待したいと思います。
スポンサーサイト