【都市間バス】サンライズ旭川釧路号(旭川→釧路/阿寒バス)

2016年02月27日 18:15

北海道を走る「都市間バス」の中でも、全区間一般道で走破する路線があります。
その一つ、“サンライズ旭川・釧路号”に今回乗車してみました。

旭川~釧路を1日2往復運行しており、旭川から釧路までの所用時間は約7時間25分!
道北バスと阿寒バスが共同運行しており、途中層雲峡や阿寒湖も経由する路線になります。

▽阿寒バス 釧路22あ686
DSC_0099a.jpg
DSC_0095.jpg
今回乗車したのは旭川を午後に出発する、阿寒バス車両の運行便です。
元北鉄のエアロクイーンが入ることもあるそうですが、この日は生え抜きのセレガFDに乗ることができました。

旭川側の始発は道北バス本社。
DSC_0082_2016022716580858c.jpg
最初「バス停はどこだ?」と思ってしまいましたが、少し入った敷地内にありました(^_^;)

出発10分前ぐらいでしたが、バスはすでにエンジンをかけて待機中でした。
DSC_0079.jpg

DSC_0083_20160227165810591.jpg
DSC_0084.jpg
今から釧路まで行くのか...と思うと、少しワクワクします(^^ゞ

5分ほど前に乗務員さんが来てドアが開き、車内へと入ります。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

大船渡一関特急線(気仙沼→一関:岩手県交通)

2014年02月06日 02:39

先日の遠征で、気仙沼から一関まで岩手県交通の特急を利用しました。
この路線は未だにスパクルが多く活躍する路線の一つです。

DSC_0316k.jpg
(2014/02/01 気仙沼市役所前)
というわけで、今回乗ったのは16時台の気仙沼最終の一関行き。
このあとの特急は全て千厩止まりとなっています。
大船渡からやってきた便ですが、車両は千厩の1031号車がやってきました。

DSC_0323k.jpg
車内はこのようになっています。特徴的な座席ですね。

乗車日:2014/02/01
[ 続きを読む ]

深夜01系統終夜バス(渋谷→六本木:東京都交通局)

2013年12月23日 00:49

こんばんは。

金曜日の夜、バイトが終わった後渋谷の終夜バスを見に行ってきました。
山手線の遅延でぎゅうぎゅうな電車で渋谷に到着すると、バスターミナルには報道陣の数々。
運行開始前の報道公開?を行っていた感じでした。そちらは省略で。

DSC_0672k.jpg
(2013/12/21 渋谷駅西口)
というわけで、記念すべき終夜バスにはB-W450のエアロスターがやってきました。

DSC_0651.jpg
LEDはこんな感じです。ふくろうのLEDがまたいい味を出していますね。

乗車日:2013/12/21
[ 続きを読む ]

白樺号(久慈→盛岡:JRバス東北)

2013年09月10日 17:33

こんばんは。さて今回の記事も三陸遠征より・・・。

今回、久慈から盛岡まで“白樺号”という都市間路線バスに乗車してきました。
DSC_1956k.jpg
(2013/09/04 久慈駅前)
正式名称を平庭高原線といい、盛岡と久慈を約2時間半ほどで結んでいます。
同区間では岩手県北バスが“久慈こはく号”を運転しており競合しています。

本来は久慈こはく号に乗車予定でしたが、撮影の都合で1時間後の白樺号にしました。

久慈駅からお客さんを乗せたバスは久慈市内でお客さんを乗せつつ一路山道へ。
途中道路工事をしている箇所もあり、片側通行になっているところが多々見られました。
しかしバスは何事もなくスイスイと前に進んでいきます。

走行時間の長さのためか、途中道の駅にてトイレ休憩が入ります。
DSC_1958.jpg
(2013/09/04 道の駅くずまき高原)
19時頃の到着だったのですが、すでに店はしまっており周りも真っ暗。

休憩後はひたすら走って盛岡市内へと入っていきます。
終点での運賃表示はこんな感じ。
DSC_1959.jpg
運賃表を埋め尽くす数字・・・(笑) 改めて長いんだなぁと実感しました。

DSC_1960.jpg
(2013/09/04 盛岡駅前)
途中最大10分ほど遅れていたのですが、ほぼ定刻で盛岡駅に到着しました。
乗務員の方、お疲れ様でした。

今回は真っ暗な夜道だったんですが、昼間はとても風景がよさげな路線ですね。
久慈こはく号より少しお高めですが、オススメな路線です。

(3)-急行【砂津→昭和池入口】※三萩野経由

2010年07月04日 21:24

さて、今日は早起きできたので(笑)、昭和池急行に乗りにいってきました。

昭和池急行といえば一日4・5往復ですが昼も普通に運行されています。なのになぜ朝早くから行く必要があるのか。それは日祝日の朝一本だけの三萩野経由に乗りにいくためなのです。
通常の急行は、魚町・大手町・都市高速経由ですが、日祝日の朝6:55砂津発で三萩野経由が存在するのです。実質所要時間に関してはこちらのほう、つまり三萩野経由が早いのです。

DSCN9648.png
砂津にて

LED表記は都市高速のところが三萩野に変わっただけ、砂津から私を含めて3人が乗車。
バスは小倉駅BCを出た後平和通りを走っていきます。そのあと、三萩野を出て北方まで走ります。乗客は意外にも乗りますがそれでも7人。なぜこの時間帯にこの急行が走っているのかは知りませんが、何頭目的があったのでしょうか?
バスは企救中学校のところから通常の急行ルートを走行。終点昭和池入口には2分ほど遅れて到着しました。

DSCN9658.png
昭和池入口にて

バスは約15分ほどの待機のあと普通の急行として小倉へ走りさっていきました。

乗車日:2010.07.04