女人堂 Ⅱ

2018年07月18日 19:30

DSC_1300p.jpg
バス専用道を通り抜け、いよいよ高野山へ入山。

南海高野山駅から高野山入山の玄関である女人堂の手前までは、
バス専用道となっており、人・一般車は立ち入ることができなくなっています。

DSC_0003p.jpg

運行:南海りんかんバス 路線:高野山内線 撮影:2018年7月
スポンサーサイト

女人堂

2018年07月16日 21:53

DSC_1329p.jpg
高野山を下山。かつての障壁を今は何事もなく。

高野山は古くから女人禁制の場所となっていました。
そのため女性は高野山の出入口にある女人堂までしか立ち入ることが許されず、
信者の方はここで祈りを捧げていたそうです。

運行:南海りんかんバス 路線:高野山内線ほか 撮影:2018年7月

【夜行】やまと号:五條線11号車(奈良交通/新宿→五條)

2018年07月15日 19:30

山梨からの帰りは今まで乗ったことのない会社の路線に乗りたい、と思いまして
奈良交通が運行する夜行高速バス“やまと号”に乗車してみることにしました。

“やまと号”は元々奈良交通が夜行バスに用いていた愛称で、
かつては奈良~福岡、奈良~埼玉線でも用いられていました。
現在は新宿線の奈良系統と五條系統、横浜・上野・TDL線の3路線が運行されています。

◇やまと号五條線(11号車)◇ 奈良交通/奈良200か10-95
DSC_1198p.jpg
DSC_1193p.jpg
今回は新宿線の五條系統、号車でいうと11号車として扱われている便に乗車しました。
昔はエアロキングも走っていましたが、現在は車両更新されセレガ・ガーラが投入されています。

“やまと号”五條線の始発は新宿の京王プラザホテルですが、
今回はその次のバスタ新宿から乗車しました。

DSC_1163.jpg 
乗り場はバスタ新宿C8。ちなみにC7には奈良系統が停車し、同時刻に出発します。

DSC_1166p.jpg 
出発10分前、前のバスが出発後にバスは入線してきました。
乗り場は京王プラザホテルとバスタの2箇所のみのためか、やはりここからの乗車が多いようです。

[ 続きを読む ]

河口 Ⅴ

2018年07月14日 19:30

DSC_0735p.jpg
木の葉の間からこぼれおちた雨水に濡れた道。
西条行きのバスがライトを煌めかせながらおりてゆく。

運行:瀬戸内運輸(せとうちバス) 路線:西之川線 撮影:2018年7月

【昼行】新東名スーパーライナー:16号(JR東海バス/名古屋→東京)

2018年07月13日 19:30

“どんたく号”で無事名古屋に到着し、午前中はゆったりとくつろいで、
名古屋から東京までの移動は久しぶりに“新東名スーパーライナー”を利用してみました。

今回利用したのは“新東名スーパーライナー”の16号、JR東海バス担当便になります。

◇新東名スーパーライナー19号◇ JR東海バス/744-05991/名古屋200か14-23
DSC_0923p.jpg
DSC_0904p.jpg
エアロキングに乗りたくなった結果、今回はこの16号をチョイスしてみました。
1Fにプレミアムシート、2Fに3列シートを備えた車両になります。

...ちなみにこの車両、元々は名古屋~広島“セレナーデ号”で活躍していた車両らしく、
後に改造を受けて1Fをプレミアムシートにしたようです。

今回はプレミアム...ではなく、前面展望したいがために3列シート最前列を確保(^^ゞ

今回乗車したのは平日のため、早売21の最安2400円を確保しお得に移動できました。
早売席は便によって確保できる席位置が違いますが、まさか16号は最前列とは思わず...。

さて、当日は豪雨の影響で名神方面や北陸方面に向かうバスが軒並み運休。
そのため新幹線口のJRバスターミナルも東名方面のみしかバスがなく、かなり閑散としていました。

DSC_0884p.jpg 
そんな中、出発20分前にエアロキングが入線してきました。
待機するのかと思いきや、そのまま乗り場に入ってきました。

DSC_0889.jpg 
ドアが開き準備ができてから、乗車改札が始まりました。
今回はWEB乗車券。QRコードを乗務員の方が端末で読み取るだけで改札が完了します。

[ 続きを読む ]